loading...
オーダーメイド キッチン収納 家具・食器棚

オーダーメイド キッチン収納 家具・食器棚

オーダーメイド キッチン収納 家具・食器棚

キッチンと同様に機能性が重視される、家電収納や食器棚などのキッチン収納。大切な作業動線を考慮し、最適なプランをオーダーメイドで提案しています。

※記載のないリフォームについてもご相談を承っております。
※ご予算に合わせたプランもできます。お気軽にご連絡ください。

オーダーメイド キッチン収納 家具・食器棚リフォームのポイント

キッチン収納のリフォームで機能性と統一感を

家電収納や食器棚などのキッチン収納、家具は、キッチンと同様に機能性が重視されます。
キッチン収納のみ別で手配することなく、オーダーメイドで製作すれば、色や素材など、キッチンと同じ仕様で製作することができます。

効率よく使いやすい収納方法

キッチン収納に収める代表的なものには、下記のようなものがあります。

  • オーブンレンジ
  • 炊飯器
  • コーヒーメーカー
  • 電気ケトル
  • トースターなどの家電製品
  • パン焼き機
  • ガスオーブン
  • 食器類
  • ホットプレート
  • 缶詰や菓子類
  • ライスストッカー
  • 酒類など

キッチン収納の寸法をプランニングする時は、調理作業時の負担を減らすように考えます。

オーブンレンジやコーヒーメーカーなどが使いやすいように、カウンターの高さを設定することや、吊り戸棚の下の方は、使用頻度の高い物を収納できるように、目線の高さに設定するなど、調理作業時に「かがむ」「踏み台に乗る」などの動作を極力少なくするようプランします。
吊り戸棚に食器類を収納する場合、通常であれば、手前の食器をよけて奥の食器類を取り出す必要があります。これを、引き残しの少ない構造にした引き出し収納にすることで、収納されている全ての食器類が上から一目でわかり、取り出しも楽に行えます。
その際、吊り戸棚には大きめの食器類、引き出しには茶碗などの細かい食器類を収納するなど、使い分けられるようにすると効果的です。

炊飯器収納の横には引き出しを設け、お茶碗やしゃもじを収納しておくと、ご飯をよそうときに便利です。
引き出しは収納しやすいシステムですが、引き出しでは収めづらいものがある場合などは、開き扉の収納があっても便利です。
その中に引き出し式のワイヤーバスケットなどを組み込むことも可能です。

設置する場所の天井高や奥行、キッチンとのスペースなどを考慮し、最善のプランで設計していきます。

疎かにできないゴミ箱置き場

キッチン収納のプランで欠かせないのが、ゴミ箱収納です。
ゴミ箱の収納を考えないでプランをすると、後でゴミ箱置き場に困ることになります。
可能であれば、引き出しにゴミ箱を収納できるようにしたり、引き出し本体をゴミ箱と一体に製作したりすることで、ゴミ箱の存在を隠し、キッチンをすっきり見せることをお勧めしています。
引き出しのゴミ箱収納が好みでない場合は、ダイニングなどから直接見えない場所を、ゴミ箱空間としてオープンにしておくこともできます。

いろいろなものをすっきり隠しておきたい場合

全ての家電類を見えないように隠しておきたい、という希望にお答えすることも可能です。
炊飯器など、蒸気が出る家電類は、引き出して使用すると、収納内部で蒸気がこもりません。キッチンを対面式にした場合は、壁面に設置されることの多いキッチン収納は、ダイニングからよく見えることになり、来客から直接見えてしまいますので、すっきりと綺麗なキッチン収納をご提案しています。

その他にも、キッチンをコの字型にした場合などはキッチン収納と一体で製作することも可能です。
また、調理中は全ての収納や家電類が見渡せ、かつ、調理時以外は完全に隠すようなプランもできます。

使う人のお好みや間取りに合わせて、プランニングすることができます。

オーダーメイド キッチン収納 家具・食器棚リフォームのその他サービス

オーダーメイド キッチン収納 家具・食器棚の例

シンプルなデザインと機能性のある食器棚リフォーム

シンプルなデザインと
機能性のある食器棚リフォーム

表面上シンプルに仕上がっている家電収納、兼食器棚ですが、ゴミ箱や炊飯器収納が組み込まれています。
引き出しも縦に2分割ですが、引き出しを開けると2重構造になった内引き出しを設けてあります。
内引き出しを開けるには、最初の引き出しを一度開けてからの2度手間になりますが、閉じているときにシンプルに見えるデザインを優先しました。

また、下台は全て同じ大きさの扉で、ハンドルも全て中央に設置されていていますが、引き出しの部分と開き扉の部分とに分けて設計されています。
吊戸棚と天井の間には空間を設けることで、ダイニングから見た時の天井の奥行き感をだしています。

カウンターの高級感が映えるキッチン収納、家具リフォーム

カウンターの高級感が映える
キッチン収納、家具リフォーム

シンプルなデザインの食器棚と、家電収納のキッチン収納。
下台の取っ手は、中央の溝に手を掛けて開けられるようにしています。
扉面材には鏡面のメラミン樹脂を使用し、人工大理石のカウンターはデュポンのコーリアンを採用し、シンプルな家具に高級感を持たせました。

音声認識させた間接照明

吊戸棚の底面奥には、高級感を演出するため、また、手元灯の用途を兼ね備えた間接照明を設けました。
間接照明は吊戸棚の収納量を極力減らさないよう、厚さ5㎜のテープLEDを採用しました。
間接照明のスイッチは壁に設けず、リモコンやスマートフォン、AIスピーカーで調光とON/OFFができるようにしました。

通路の邪魔にならない扉

炊飯器などを、カウンターの上に置かなくて良いように、内部へ収納するプランです。炊飯器など蒸気が出る家電を収納する為、引き出して使用できるようにしました。
また、炊飯器などを引き出す際、開けた扉が通路の妨げにならないように、扉は上にあがるスイングリフトアップタイプを採用しています。

ビルトインされたゴミ箱

キッチンのプランで最も重要となるゴミ箱置き場は、引き出しと一体となったハーフェレのソフトクローズ機構の付いたゴミ箱ユニットを使用。引き出したとき蓋が開き、しまった時には蓋が閉まるようになっています。

引き出しの上段は内引き出しを組み込み、茶碗やカトラリーなど高さの違うものを分けて収納できるようになっています。
内引き出しを設けることで、閉まっているときにはすっきりとしたデザインに見せることができます。

壁面いっぱいのすべてを見渡せるキッチン食器収納リフォーム

壁面いっぱいの
すべてを見渡せるキッチン食器収納リフォーム

冷蔵庫から家電、食器類、ストック品に至るまですべてを収納できます。
使用しないときはブラインドを下すと全てを隠すことができます。

調理中にブラインドを開けておけば、全体的に見渡せることと、たくさんある扉や引き出しの開閉をおこなわなくて良いので、作業効率がよい収納です。
また、家具のように工場で製作しないため比較的リーズナブルに造作することが出来ます。
ブラインドのほかに引き違いの扉などでも造作できますので、ご予算やデザインなどによりプランニングします。
家具で造作するより若干デッドスペースが発生しますが、間取りやデザインによっては効果的なキッチン収納です。

シンプルにデザインされたオーダー メイド家具の食器棚リフォーム

シンプルにデザインされた
オーダー メイド家具の食器棚リフォーム

家電収納と食器棚を兼ね備えています。
扉面材は既存のキッチンと同じものを探して造作したため、キッチンエリアを統一感ある空間にすることができました。

下台の取っ手はハンドルなどを設けず、中央の溝に手を掛けて開けられるようにしています。カウンターには清掃性が良く傷が付き辛いメラミン材を採用しました。

間接照明で高級感を演出

吊戸棚の底面奥には、高級感を演出するため、また、手元灯の用途を兼ね備えた間接照明を設けました。
間接照明の光源が見えないように設置したことと、間接照明の直接光がカウンターだけを照らされるよう計算して設計されています。

ただ単に間接照明を設置しただけになってしまうと、光源が目に入り、お施主様が不快感を感じられたり、不必要なところまで照らされて、反射や直接光のラインが複雑になり、デザイン性に欠ける場合があります。

また、近くからでは光源が気にならなくとも、リビングダイニングなど少し離れたところから眩しさを感じないよう考慮することも、照明を計画する上で大切なことです。

使い勝手に優れた収納しやすいキッチン収納 家具リフォーム

使い勝手に優れた
収納しやすいキッチン収納 家具リフォーム

キッチンの背面に設置されたオーダーメイドのキッチン収納は、使い勝手を最優先にプランしました。
引き出しはそれぞれの高さを変えて、収納したときの無駄な空間を極力少なくしています。
中途半端に高さのある引き出しは、収納したときに無駄な空間が出てしまう場合があり、絶対的な収納力が落ちる場合があります。

引き出しのハンドルは、引き出しやすい形状の物をセレクト。数が多くなっているためシンプルでシャープなものを選び、すっきり見せています。
使い勝手を最優先にしていますが、デザイン的にもシンプルで内装空間に馴染むようにしています。

作業動線に優れているコの字型キッチンと一体で設計したキッチン収納リフォーム

作業動線に優れているコの字型キッチンと
一体で設計したキッチン収納リフォーム

メリットは作業動線が良いことと、カウンターが繋がっているため作業スペースとして広く使えます。
二人以上でキッチンに立ってもそれぞれの作業が邪魔になりません。

空間にある程度の広さを確保できれば有効なプランになります。

オーダーメイドで製作したキッチン、カウンター、収納+食器棚収納リフォーム

オーダーメイドで製作したキッチン、カウンター、収納+食器棚収納リフォーム

トール収納には、ストック品など収納できるようにワイヤーバスケットと可動棚を設けています。
トール収納の横の凹み部分のデッドスペースを利用して、オープン収納を造作しました。

キッチンの反対側の壁面いっぱいに収納を造作でき、収納量を増やすことができました。

さまざまなキッチン収納リフォーム

さまざまなキッチン収納リフォーム

【上左】
引き出しの中にはインナー引き出しがあります。インナー引き出しを利用する際には、最初の引き出しを開ける必要がありますが、同時に閉めることができます。引き出しが細かく分割されていないため、すっきりとしたデザインになります。

【上中央】
置き場に困ることも多く、外に出ていると邪魔になるゴミ箱を、キッチン収納に組み込みました。引き出すというひと手間が掛かりますが、引き出しを利用することで、ゴミ箱のふたの開け閉めを省略しています。また、衛生的に問題ないよう、ゴミ箱とその他の収納スペースとは仕切り板で完全に区分されています。

【上右】
蒸気の発生する炊飯器、電気ケトルなどの収納部です。 開き扉を開けて、内部の引き出し式のテーブルを引いて使用できます。テーブルを引き出した状態で使用すれば、蒸気が中に籠りません。引き出した状態で使用するため、邪魔にならないように、一番端などに設けることが重要です。

【下左】
キッチン収納にワイヤーバスケットを組み込んであります。乾物などのストック品などを収納しておくのに便利です。収納には、ワイヤーバスケットが1か所でもあると便利です。

【下中央】
家電収納の下にゴミ箱置き場用に空間を設けました。ダイニング側から見えない位置の為、使い勝手を優先し、オープンにプランしました。

【下右】
壁面に造作した収納内部にワイヤーバスケットを組み込みました。

ご予算に合わせたプランもできます。
お気軽にお問い合わせください。

受付時間 10:00~18:00
定休日 日曜日
トップに戻る